MENU

歯の黒ずみを歯医者さんで治すには

歯の黒ずみを歯医者でどうにかするには・・・当然どのような方法があるのか、費用はどれくらいなのかなどが気になってくるかと思います。
現在は自宅でもケアをすることが出来ますが、根気のいる作業になるため、挫折しがちなのが自宅ケアです。

 

今回は歯医者で歯の黒ずみを除去するには、どれくらいの費用や期間がかかるのか?
方法は一つだけなのか?
という点をご紹介していきます。

 

以前の記事で、実は少しだけ歯医者でのホワイトニングの方法をご紹介させていただいていますので、何となく名前を覚えている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

◆クリーニング◆
クリーニングは1度で終わらせることはできますが、1度だけでは表面の軽い汚れしか取り除くことができないため、数回通うことでキレイな歯を目指すことができます。
デメリットとしては、クリーニングは割と定期的に行わないといけないという点です。
着色や歯石が付着しにくい体質の方は回数が少なく済みます。
1回の料金は、3割負担の方で3000円前後ですが、基本的に保険は適用外となるため、5000円〜20000円と少々ばらつきがあるのも難点です。

 

 

◆ホワイトニング◆
ホワイトニングは大きく分けて3種類あります。
それぞれ、方法や料金がだいぶ違ってくるので、自分に見合った方法を探す必要があります。

 

・ホームホワイトニング
その名の通り、自宅でホワイトニング処置を行う方法です。
こちらでかかる料金は2万〜5万円と少し差があるものの、この料金の大半がマウスピース代が占めています。
自宅で処置を行う方法であるため、寝ながら出来たりするのがメリットですが、デメリットは時間がかかるという点です。
白くなるまでに大体1ヶ月〜2ヶ月ほどかかるようです。

 

・オフィスホワイトニング
オフィスホワイトニングとは、サロンやクリニック院内で行われる処置です。
施術をするのは国家資格を所有している医師や専門医で、高濃度の薬剤を使ってライト照射を行うというものです。
そのため、1度でもかなり効果が期待できるのですが、料金にも響くのがネックです。
1回あたり1万〜5万円ほどでできるのですが、日本人がなりたい歯の白さになるためには2回〜4回の通院が必要なので、ホームの約2倍ほどだと考えておきましょう。

 

・セルフホワイトニング
こちらは、サロンで提供されているセットで自宅で自分でホワイトニングを行ってみるというものです。
料金相場は3000円〜6000円ほどですが、自分のなりたい白さというものがあるかと思いますので、オフィスと同じ考え方が必要になります。
ただ、自分の予算や希望に合わせて通うことができるのがメリットです。

 

・デュアルホワイトニング
こちらはホームとオフィスの両方を組み合わせた施術となり、こちらは5万〜10万程、場合によっては10万を超えることも珍しくはありません。

 

 

なお、ここでご紹介したものはすべて保険が適用されません。
保険が適用されるのは虫歯になった時だけというのも、デメリットの一つかもしれませんね。

 

関連記事⇒歯の黒ずみに効果が期待できる市販の商品

関連ページ

歯の黒ずみには歯磨きの仕方が関わっているかも・・・
歯の黒ずみで悩んでいる方はいらっしゃいませんか?それは歯磨きが原因かも。葉の黒ずみと歯磨きの関係性について調べてみました。
歯の黒ずみの原因をご存知ですか?
歯の黒ずみの原因って一体なんなのでしょうか?葉の黒ずみの原因は実は一つではないようなので、調べてまとめてみました。
歯の黒ずみにはちゃんと対策があるんです!
歯の黒ずみ対策は皆さんは万全ですか?葉の黒ずみを防ぎたければ対策をしっかりと練るようにしましょう!
歯の黒ずみに効果が期待できる市販の商品
歯の黒ずみに効果が期待できる市販の商品はあるのでしょうか?今回は葉の黒ずみと市販の商品の関係性を調べてみました。